ミリタリー&雑記ニュースブログ

個人的に気になるニュースとミリタリーに関することなどを情報発信したいと思います。

初の災害派遣「CT診断車」、なぜ陸自に配備されているのか?

2019年10月に起きた台風19号災害派遣で、陸上自衛隊の「CT診断車」が初めて出動しました。実は民間にもあるというCT診断車ですが、そもそもなぜ陸上自衛隊に配備されているのでしょうか。

配備から8年、初めての災害派遣

2019年10月、台風19号によって浸水被害を受けた福島県郡山市の星総合病院に、陸上自衛隊の「CT診断車」が災害派遣されました。病院で受けるCTスキャン検査の機械を搭載した車両です。冠水し各種医療機器に被害を受けた同病院を支援するのが目的といいます。

同車は、静岡県駿東郡小山町にある自衛隊富士病院の所属で、同病院によると2011(平成23)年に配備され、CT診断車が災害派遣されたのは今回が初めてとのことです。
 
 市販の大型トラックがベースで、悪路での走行は想定していないといいます。陸上自衛隊に配備されている理由は、衛生科の教育訓練と国外を含む各地への派遣を想定してとのことです。

以下略
参照記事:
trafficnews.jp

自衛隊やミリタリーに興味ある方はクリックをお願いします。↓


国際政治・外交ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

自衛隊の医療分野も兵器の購入と同じくらいもっと資金を投入した方が良いのではないでしょうか。